しなしなとだれかのお写ん歩な日々

shinashina.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 16日

さて、K10Dを触ってきたわけですが・・・

というわけで、本日より実機の展示が始まったK10D。早速いじってきました。
c0019267_20331333.jpg




まずは例によって外観から。
c0019267_20314468.jpg

展示機はDA16-45がついた物が2台ありまして、一台は縦グリ付、もう一台はグリップ無しのものがありました。
グリップ無しだと随分横長な印象を受けたんですが、縦グリをつけると非常にバランスがとれてかっこいいです。また作りの方ですが、K100Dの時に感じた涙ぐましいコストダウンの感じはまったくないですが、かといって昔の銀塩高級機のような感じもせず、*istDや*istDSと同じ普通な感じだと思います。
グリップも非常に握り安く、K100Dで感じた違和感はまったくないです。
DSのようにグリップの内側がえぐれるようなデザインではありませんが、非常に握り易い形状だと思います。そのせいかもしれませんが、710g(バッテリー&電池無し)というカタログスペックほど重たい感じはしません。

次はファインダーとシャッター。
ファインダーはDSと同じく非常に見易いです。また、アイポイントが変わったのか、眼鏡をかけたままでもファインダーの中全部が見渡せるようになったような気がします>この辺はDSだと視度補正レンズをつけて裸眼利用なので自身無し。
露出補正値は従来の数字からバー表示に変わっていました。

シャッターフィーリングはまずまずなんですが、半押しが非常に軽く、思わずタッチセンサー式なのかと(笑)・・。ちなみに縦グリの方は割と普通でしたが。この辺は気になったので係りの人に聞いたところ、現在はベータ機なのでまだまだ未調整なんだそうです。
シャッター音はK100D+*istDという感じ。ボディが重くなったせいか、ミラーショックも減ったように感じました。

尚、巷でよく話題になるレリーズタイムラグですが・・・*istDS以外の一眼レフを使った事がないんで自分には分かりませんです(笑)
ただ一緒にいた5D持ちの方曰く「やっぱり遅い」とのことでした。

DRについて。
αの場合は、DRを使うとボディ全体にぶるぶるという振動が伝わってくる感じでしたが、K10Dは起動時にカツンという音が聞こえるだけです。実際の動作状況をを見てみたいですねぇ。

フォーカスについて。
AFはかなり早いですね。感覚的にはK100Dよりも微妙に早くなった感じがします。
とりあえずボディ内モーター機としては特に文句のない早さだと思います。ただし、この辺はあまりAFの速い機械を触っていませんので、キャノニコユーザーの方は多少割り引いて考えてください。
AFの迷いなんかはK100Dと同じくらいですかね。

連写について。
展示機にはSDカードが入っていないため、実測は分かりませんがカタログ通りの連写は出来るような感じです。係の方は20MB以上のモデルを使ってくれればカタログ通りの性能は出るでしょうとの事でした。
c0019267_2033376.jpg

次は機能面について。
まず今回一番感心したのがWB。以前からいろいろ不満のあった部分なんですが、K10Dに関しては、ほとんどその不満が解消できそうです。それなにかというと、ケルビン値で直接指定が出来るというのもあるんですが、AWBからプリセットWBまでの全てで色温度(ブルー⇔アンバー)とCC値(グリーン⇔マゼンダ)が調整出来るんですよ。
しかも撮影画像にこの変更値が反映されるため、非常に細かい調整が出来るんですね。
またこの調整は、電子プレビューや撮影直後のプレビューでも有効なため、色に関しては発色の癖さえつかんでしまえば、JPGのままでもかなりの所まで追い込んでいけるんじゃないかと思います。

また、電子プレビューの進化も見逃せません。K10Dは白飛び黒潰れ表示、ヒストグラムに加えて、拡大縮小に前述のWB変更も可能になったためかなり使える機能になったと思います。
後、感度の自動変更も上限と加減を自由に組み合わせて使えるようになっていて、非常に細かいところまで使いやすくなってますね。

旧レンズについて。
K、M、M42レンズに関しては、FI(フォーカスインジケーション)も含め従来通りに使えます(K55/F1.2とSMC琢磨55/1.8で確認させてもらいました)。カスタムファンクションからSレンズのFI利用が消えたのは、どうもMFにすると常時FIがONになるよう仕様変更があった模様ですね(絞りリングの使用許可にする必要あり)

またパワーズームも一応動きました。ただし露光間ズームとかは設定があるのか上手く動きませんでしたけど。

で・・・・某所で話題になった画質ですが・・・・・。
まだまだ試作機という事もあって確定じゃないんでしょうけど、プレビューを拡大表示する限りISO800以上は・・・・・・・・・・・・です。係の方は、まだまだ調整中との事で、10月の発表会にはもっと良くなっているとの事でした。

とりあえずのファーストレビューとしてはこんなもんです。
機能や操作性については本当に何も文句はありません。後は発売までに高感度の画質をどこまで追い込んでくるのかが評価のポイントになるんじゃないかなぁ。
[PR]

by shinashina-x | 2006-09-16 20:28 | 情報


<< 魔神降臨      フォーラム参り >>