2014年 05月 05日

30mm F1.4 DC HSM(その1)

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。(詳細は末尾で)
みんぽす


みんぽすさんにて貸出を受けたこのレンズ。

実は旧型の方が出た頃、すぐに買おうと思っていたのですが、店頭で初めて試した時に・・・

「よ・・・寄れねぇ・・・」
※旧型は最短40cm

ってのがすぐに気になったんです。

メーカー側としては、35mm換算45mmのレンズで最短40cmなら標準として十分という判断ということだったと何処かで読みましたが、デジイチ育ちの自分としてはやはりあと一歩の寄りが出来ないというのが不満で、購入には至りませんでした。

とはいえ、やはりこのスペックは非常に魅力的。

ということで、今回のイベントでは真っ先にこのレンズに白羽の矢が立ったのでした。
c0019267_173371.jpg




外観、操作性

文章だけで恐縮ですが。。。
以前のものに比べて質感が非常に高くなってます。
Art ラインのレンズはミラーレス二本除くと、どれもスッキリとシンプルでかっこいい外観です。

個人的な難点はしいて言うならフォーカスリングの感触が固く、MF専用ではちょっと使いにくいことなんですが、まぁこれをAFレンズに求めるのは申し訳ないところ。

そのかわり、AFほどほどに早く、K-01のLVオンリーで使っててもそれほど遅いという感じはありません。

またAF-MF切り替えはレンズ側のみでできるので、結構使いやすい感じです。
新品なので、切り替えレバーは新品ということもあってやや固めですけど。
c0019267_1743932.jpg


描写
某HPでみたよりは、全然開放付近からいける感じ。
半段でも絞ればいけそう>個人的には
まぁ僕はFA35は開放からいけるって人なので、あかなり甘めではありますが。
ただ絞っていってもカリカリって感じじゃないですね。
この辺は同じArtの30mmでもEX 30mm DNとは違います。
(DNは絞るに従ってすごい解像が増す)
c0019267_1745257.jpg


そのかわり、開放からとても素直で綺麗なボケを見せてくれますので、風景よりもポートレートやスナップ向けのレンズな印象が強いです。

ぜひその明るさを活かした写真を撮っていきたいところです。

(以下次回に続く)

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら

[PR]

by shinashina-x | 2014-05-05 17:08 | モノフェローズ


<< 永遠のイチョウ      河津桜 >>