2013年 11月 13日

K-3のレンズ考察

この記事はリコーイメージング アンバサダープログラムのPENTAX K-3タッチ&トライブロガーミーティングに参加し、お借りしているK-3をベースに書いてる記事となります。

※写真をクリックするとFlickrに飛びます
※Flickrはカメラ撮って出しの★★★6Mを基本サイズとなっております(なんちゃってフォベオン)

K-3 Sample EBISU 1




K-3 Sample EBISU 2

レンズ
DA21リミテッド


今のところ単焦点メインで使っているけど、自分が気に入ってたレンズでこりゃ駄目だってのはなく、どれもいい感じで解像します。

使ってるのはULTRON、RIKENON、F ZUIKO、SMC-Mあたりの標準域ですが、どれもなかなか切れ味よく・・というか解像しすぎる傾向あるので、シャープネスはマイナスにしてます(ローパスフィルターオフ)

逆にキットでついてる18-135はなんというかこう・・・。
広角側は18-55なんかよりもいい感じなんだけど、テレ側(特に100mmより先)は像面湾曲とかじゃなく明らかに変な風に流れてる。
像面湾曲(中心と周辺でピントの位置が違う)のあるレンズは、経験上周辺ベースでピント合わせてやると、そこそこの画像になるんだけど、今借りてる18-135はそもそも周辺でまともな画像が出ないです。
とは行っても、18mm~80mmあたりまでなら問題なく使えるし、ペンタの普及望遠ズームは大体テレ側がダメ(50-200の135から先とか55-300の200mm以上とか)なのが多いから、そういうもんだと思って割り切るしかないのかも。

後、K-7についてきた18-55WRも、なんかしゃきっとしないなーなんて思てたけど、K-3につけてLVにしてみたら、どうもコマ収差がひどいのがしゃきっとしない原因だった模様・・・・。

なんかK-3は良いレンズはより良く写り、ダメなのは烙印押すカメラなのかもしれない。

なお、リコーイメージングさんではモニタープログラムを行っているようですので、K-3ご検討中の方は検討してみてはいかがでしょうか。
Kマウント 最上位機種 一眼レフ「PENTAX K-3」モニター
https://fansfans.jp/campaigns/detail/1247
[PR]

by shinashina-x | 2013-11-13 23:01 | K-3


<< 阿波座      ボタンとスイッチ >>