しなしなとだれかのお写ん歩な日々

shinashina.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 25日

α33とα55

つうことで、本日よりSONYビルでの展示が始まったα33 & α55ですが、早速地の利を活かしてみてきましたよ~
c0019267_22434416.jpg





じゃぁいつものように外観から・・
c0019267_2244880.jpg

一眼レフタイプのカメラといえばグリップがまず重要なところ。
そのグリップは深さはまずまずで、ラバーの品質もよく手に吸いつくような感じは非常にグッド!
ただしかなり小さめなので、小指はまずかからないと思います。
このへん小指がかからないとダメな人には向いてませんね。

お次はSONYイチオシのファインダー。
視野率は100%、倍率は1.10倍。アイポイントは約10mm。また、視野角33.2度(16:9)、または29.3度(3:2)を実現し、「α900の光学ファインダー(34.3度)に迫る見えを実現した
デジカメwatch ソニー、世界最速の“AF追随高速連写”一眼レフ「α55」「α33」より抜粋
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100824_388902.html

なんて書いてあるから、めちゃめちゃ期待してたんですが・・・・。
まぁ結果的に言うとイマイチでした。
c0019267_22443933.jpg


まずEVFの画像の大きさ。
確かに入っている液晶はそこそこ大きいようなのですが、画像表示を行う部分が小さいんですよね。
α900との比較イメージで言えばこんな感じ。
c0019267_22451143.jpg

まぁ実際出ている絵の大きさはK-7などと見比べても小さくはないですから、今までのミラーファインダーと比較しても大きいんでしょうけど、900のサイズを期待していた自分は正直・・・でした。

次に見え具合。
まぁ割と普通によく見えるとは思うんですが、エッジにキレが感じられず、そのせいかピントのピークは掴みにくかったですね。
とここでMFCLVの拡大があるじゃん!となるわけですが、この拡大用ボタンが背面液晶右下のゴミ箱ボタンにしか割り当てができないの困ったちゃん。
このボタン位置が悪い上に非常に押しにくくて、結局ファインダーから目を離してからじゃないと押せない感じ。
このへん、ミノルタの技術者は何も言わないのか、言える人がいなくなったのか微妙だけど、普通に写真とっている人がいれば何とかしようという意見が出そうなもんだけど・・・

ということで、続きはまた・・・
[PR]

by shinashina-x | 2010-08-25 23:05 | 機材について


<< 今日の女神様      とあるなつのおもひでぼろぼろ >>